ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


ごあいさつ

 

[写真]代表取締役社長 宮坂 一郎

富士フイルムシステムズは、富士フイルムグループの競争力強化を情報通信技術の面から実現するべく、バリューチェーン全体を俯瞰し、オペレーションの高度化を構想・実現・改善するICT企業です。

富士フイルムシステムズは、2020年4月、富士フイルムICTソリューションズと富士ゼロックス情報システムの2社が統合し、設立、業務を開始しました。富士フイルム、富士ゼロックス、およびグループ各社へICTサービスを提供し、業務遂行を支援してきた両社が、これまで培ってきた「技術力」、「ノウハウ」、「業務知識」に加え、グループに貢献し共に成長したいという「志」を融合することで、富士フイルムグループにこれまで以上のICTサービスを提供していきます。

昨今、企業活動のデジタル化は過去の同様のトレンドとは異なり、道具としてのICT活用にとどまらず、オペレーションや業務プロセスそのものをデジタル化し、抜本的な提供価値増大と効率化を目指していくことです。これまでオフラインで進めていた業務を含めたすべてのオペレーションをプログラム、システム、センサーを用いて創り替え、プロセスの高度化・自動化を推進するとともに、そこから生成されるデータを収集・成形加工・分析、可視化します。そのデータを活用してAI等を利用した判断や行動の自動化を実現する、これら一連の取り組みをICTで支援していくことになります。また、働き方改革にて場所や時間にとらわれることなくスマートでセキュアなワークスタイルを実践できる環境を整備していくことも重要な取り組みとなります。私たちが担うミッションの重要性は、過去にないほど重要性が飛躍的に高くなっています。富士フイルムシステムズが新たに創られたことも、この重要なミッションを実現するためです。

富士フイルムグループは、大きな変化・変革の時期にあり、グループ内外の環境はこれからも変化し続けます。私たちは、企業戦略・事業戦略に迅速なバリューチェーン全体の課題抽出や特定ベンダーに依存しない技術の選定および導入とオペレーションの高度化継続を実施していきます。また富士フイルムホールディングスと連携することでIT-ROIの最大化を図り、利用者の利便性を反映した“ITガバナンス”をより高度に推進していきます。構想し、作り、システム利活用することで、現場やデータの“声”を改善につなげる、一連のサイクルを回していき、ICTを武器に、富士フイルムグループが世界一のオペレーショナル・エクセレンスを実現した企業となるべく、日々誇りを持って支援・業務遂行していきたいと考えております。

私たちICT企業にとって財産は「人」です。その「人」に求めているのは、単に個別の技術に精通しているだけではなく、実現する目的に対して自分の考えや強い志を持って取り組み、そして必ず実現してみせる能力のある「人」です。それでこそ、やりがいを持ち続け、エキサイティングでいられるに違いありません。私たちはそのようなプロ集団であり続けたいと思います。

代表取締役社長
宮坂 一郎

関連情報

富士フイルムグループを統括する持株会社です。

富士フイルムグループのイメージングソリューション、インフォメーションソリューションをリードする事業会社。


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る